駆け抜けて墓場まで

お洒落なものが好きな30代新婚男子。ガジェット関係、観葉植物、読書、音楽、たまに嫁の愚痴。

コメダ珈琲のポジショニングがわからぬ。

「敷き詰めたコーヒー豆」の写真

コメダ珈琲って行った事ありますか?

 

 

私は人生において2回しか行ったことがありません。

1回目は群馬にいるときに営業回りの昼休憩として1回。

 

 

そして2回目は本日のお昼に行きました。

 

 

コメダ珈琲に行くといつも思うのですが、

この「コメダ珈琲」は数あるチェーンカフェの中でどのポジションにいるのだ?

 

 

 

私が初めてコメダ珈琲に行ったのは今から1年半ほど前になりますかな。

 

お昼を食べながらPC作業もしたいと思った私は車で走りながらカフェを探しておりました。

 

 

たしかあれは前橋だったかと思います。

ちょうどコメダ珈琲が目に入ったので、

 

「行ったことないしいってみるか」

 

と軽い気持ちで車を止め、入店。

 

 

 

「コメダ珈琲」の画像検索結果

中は少しカントリー調のような雰囲気で、スタバとかみたいにお洒落で洗練された感じではなく、温かみのある雰囲気。

 

電源もついているカウンター席に通され、

「お決まりになりましたらお呼びください」と店員は去っていった。

 

さて、それではとメニューを拝見。

 

 

数分後。

 

 

 

「食いたいもんがねえ!!」

 

 

カフェという事でてっきりパスタとかがあるのかと思いきや、パンやサンドイッチばっかり。パスタがねぇ!

 

パスタの口で入店してしまった為、大変ショックでした。

 

 

しかも、パンはパンで、ドトールとかサブウェイの感じではなく、昔ながらの喫茶店のパンという感じ。

 

 

そしてたぶんこれ初めてコメダいった人はみんな感じるのでは、と思うんだけど、

 

「思いのほか値段がたけぇ!」

 

 

この日はかなり迷った挙句、おすすめ看板メニューっぽい「みそかつパン」に決めたのだが、それでもう880円とかする訳よ。

 

そしてコーヒーでも頼むか、とドリンクメニューを見ると、コーヒーはコーヒーで1杯500円とかするのよ。

 

 

「おうおうマジか」と。

 

 

ドトールみたいなテンションで入っちゃったけど、全然価格設定違うのね。

 

まあ俺も30超えた社会人なので、そこはケチケチせずにしっかりアイスコーヒー頼んでやりましたよ。

 

 

それでしばらくすると注文したみそかつパンが運ばれて来た訳ですが、

まずその予想外のデカさに驚きました。

 

「このデカさならお腹いっぱいになるし、値段も納得かな」

 

なんて思いながら一口食べてみました。

 

 

「う、うまい!」

 

 

ふっくらとしたパンに程よく挟まれたキャベツ。

 

そしてサクサクジューシーなカツ。

マクドナルドのようなファーストフードじゃねぇ。しっかりとしたこだわりを感じました。

 

 

 

そしてアイスコーヒー。

 

こっちもあの金属のカンカンみたいなやつに入ってる本格派タイプ!

 

これもまた美味い、美味い!

 

 

 

そのとき私は思った訳ですよ。

 

「コメダ珈琲ってどんなターゲットを狙ってるのだろう」と。

 

 

たぶん私みたいに「コメダ珈琲」っていう名前の雰囲気から、そんなに高くないカフェを想像して入店する人って多いと思うんですよね。

 

 

それが実はバリバリの本格派という。

 

 

そして、本日私は2回目コメダをしてきたわけです。

 

今回はハンバーガーをチョイス。

f:id:sham0ji:20200214234829j:plain

これも安定のデカさ。

 

そしてハンバーグうまー!

 

侮るなかれコメダ珈琲。

 

コメダ童貞の方はぜひ。

www.komeda.co.jp