駆け抜けて墓場まで

お洒落なものが好きな30代新婚男子。ガジェット関係、観葉植物、読書、音楽。

【オペルクリカリア・パキプス】塊根植物の王、我が家に降臨。

「『悪いことすんな』って言ってんじゃないの。『ダサいことすんな』って言ってんの」

 

この鋭い名言は、あの伝説のドラマ「池袋ウエストゲートパーク」通称「IWGP」のキングのセリフです。痺れますね。

 

当時の私には印象的なセリフで「ダサいことはしたくないな」とシンプルに思いました。やはりキング最高。ブクロにキングは必要です。

 

さて、私が今ハマっている塊根植物にも「キング」がおります。

本日はそんな塊根植物の「キング」を購入したお話です。

 

塊根植物。「コーデックス」とも言いますが、その中で「王様」と呼ばれる植物。

それが、「オペルクリカリア・パキプス」です!

 

まず、このオペルクリカリア・パキプスとはどんな植物なのか。

私も初めての購入ですので、調べていきたいと思います。

 

オペルクリカリア・パキプスとは?

 

原産国はマダガスカル。夏型で、ゴツゴツとした岩肌のような幹に、細くて繊細な枝がジグザクに生えて、先端には丸く小さい葉っぱがついたとても魅力的な樹形をしています。

ただ、大きく成長した株はとても高価で、40万、50万とか金額がするそうです。

ちなみに「パキプス」というのはラテン語で「ずんぐりとした足」という造語。

 

「コーデックス(塊根植物)好きは最終的にパキプスに行きつく」なんて言葉を聞いたことがありますが、例にもれず私も行き着いたわけです。

 

 

ですが、私しがないサラリーマン。

そんな高価な植物は買えません。

そこで、「実生株」という、日本で種から育てられたまだ小さな株を密かに狙っていたわけです。

 

「良い株に巡り会えるといいな」

 

そんな気持ちもありつつ、三連休2日目!

レンタカーを借りて、静岡市内の園芸店巡りに出たのであった・・・

 

 

まず向かったのはこちら!

 

www.kakenuke-hakaba.com

 

そうです!

以前このブログでも紹介しました、島田市にある「THE GROVE STORE」さんです!

ここ、ホントおすすめです。

店内が広くて、多くの種類がありますし、鉢や土などの園芸用品も購入できます。

また、定期的に植物も入荷しているようなので、行く度に発見があります。

 

さて、到着して中を拝見していますと、

 

f:id:sham0ji:20210919235022j:plain



 

「パ、パキプスがたくさん〜!!」

 

そうです。探しておりました実生のパキプスがたくさんあるではないですか!

これはテンションが上がります。

 

ついでに他も物色。すると、

f:id:sham0ji:20210919232041p:plain

 

これはなんだ??

 

「センナ・メリディオナリス??」

全く知らん植物でしたが、こちらも実生で、それもかなり高価なお値段で販売されておりました。

すぐにググってみましたが、これもカッコ良い・・・

 

パキプスに似た感じですが、葉っぱが細長いですね、こちらは。

f:id:sham0ji:20210919232553j:plain

もう少し大きな物が(写真右から2番目)ありましたが、なかなかのお値段になってました。ただ、ぷっくりしてて非常に好みの樹形です。

 

 

更に他にも

f:id:sham0ji:20210919232331j:plain

この「アガベ・笹の雪」も気になりましたねー

5千円で販売されていたのですが、形綺麗でした!

ただ、気になったのはその大きさ。写真では分かりづらいですが、デカイです。

もう少しコンパクトな物を探していたので、これは却下。

 

そんな訳で、パキプスを購入しようかお店の中をグルグルしながら迷っていたのですが、結局このお店では購入しませんでした!

 

 

なんでしょう。

なんか決め手にかけたんですよね。

あと、外の車で待たせている妻のことも気になってしまって。

 

だが、しかし。

植物欲を満たせなかった私は、その後一人で静岡市内の園芸店へ向かいます。

そうです、静岡市内で塊根植物と言えばやはりこちら。

 

 

www.kakenuke-hakaba.com

 

お馴染みの「ANTIDOTE」さんです。

やっぱりここは最高。塊根好きには天国ですね。

 

グラキリス、アガベ、パキプスなどレアな植物がたくさん取り揃ってます!

そうです。今回私が購入いたしましたのはこちらのパキプスです。

早速ご紹介致しましょう!

 

 

f:id:sham0ji:20210919233246j:plain

じゃじゃーん!と

 

いかがでしょうか。まだ小さいながらぷっくりとした幹。

細く繊細な枝から広がる丸く小さい葉っぱ達。

ナイスです。

 

f:id:sham0ji:20210919233514j:plain

幹は少しうねってます。

 

f:id:sham0ji:20210919233540j:plain

実に繊細な葉っぱ!

 

f:id:sham0ji:20210919233625j:plain

大満足なお買い物です。

ずっと観てられます。

 

水が切れてくると、幹に縦の線が入るらしく、そのタイミングで水やりしてくださいとのこと。

「だいたいこの時期だと5日に1回くらいのペースでしょうか」と丁寧に教えてくれました。

とりあえず11月くらいまでは屋外に出しっぱなしでOKだそうです。

冬になると紅葉して、落葉するので、そうしたら断水。

育成はそんなに難しい植物ではないとのことで少し安心しました。

 

実はこのANTIDOTEさんではその他にもずっと欲しかった「亀甲竜」や、小ぶりの「アガベ・笹の雪」もいて、最後まで悩みました。

全部連れて帰りたいところですが、そんなことすれば怒られてしまいますので。

 

 

そして、このパキプスはぜひ植え替えたい鉢が決まってます。

ずっと前に購入したけど、入れるべき植物が決まらず放置されていたこちらの鉢。

 

f:id:sham0ji:20210919234126j:plain

www.kakenuke-hakaba.com

 

以前記事にもしてましたが、この鉢が合うと思うんですよね!

今回購入したパキプスは水やりしたてでしたので、少し時間を置いてから植え替えしてあげようと思います。

 

 

そんな訳で本日は我が家に新しく迎えたキング・オブ・コーデックス、「オペルクリカリア・パキプス」の購入報告でした。

大事に育てて行きたいと思います。

 

では。